闇と光の響宴♪

光と闇

闇を照らすのは光であり、
光を照らすのは闇である。

光と闇は混ざり合うことで統合されるのではなく、
互いを受容し、認めることを学ぶために存在する。
個性(光)と個性(闇)が共鳴し一つになる時、
新しい章が始まる。

今回の一斉ワークは闇と光の響宴でした。
覚醒とは気づきを得て学び、前進することではないでしょうか。
目の前にあらわる、全ての事象は、対(2つで1つ)であることを理解し、
受容し受入れるために存在することが腑に落ちた時、
私たちはまた前進し、本来の姿に戻っていくのでしょう。

一人でも多くの方々が気づきを得て、本来の姿に戻っていけますよう心よりお祈りいたします。

この世に存在する全てのものに感謝せずにはいられません。
ありがとう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
山梨県南アルプス市

Rica

Author:Rica

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム